極限トマトの イタリアンランチツアー

5/16(土) 開催

高林シェフご推薦の幸吉印のトマトがついに登場!!
小針幸吉さんの極限トマトで
王道の
イタリアンランチコース!

玉川村の平野部に広がる小針さんのトマトハウスは、まだ葉たばこや養蚕が主流だった頃からスタート。自信作には幸吉印がつくファーストトマトには美味しさがいっぱい隠れています。

小針さんが惚れた”ファースト トマト” 

トマトはナス科トマト属の1年生果菜で、原産地アンデスの高地といわれています。その品種は数えきれないほどたくさんありますが、実は今回の「ファーストトマト」は、以前は日本のトマトの主要品種でした。しかし、保存が難しく、どんどん早採りになってしまったため本来のおいしさが損なわれ、1985年頃から登場した桃太郎トマトにその座が奪われてしまいました。しかし、近年、美味しい完熟の状態で収穫された物が出回り始め、再び人気を集めています。

先が尖ったフォルムが特徴。果肉はしっかりとしていて、種子の周りのゼリー状部分が少なく、甘みだけでなく酸味もあり、トマト本来の旨味が味わえます。「トマトの貴婦人」とも称されるファーストトマトは、まさに気まぐれ!栽培時の水分調整が難しい品種で、玉川村でもこのトマトを栽培するのは小針さんただ一人。それでも、その美味しさは何物にも代えがたいファーストトマトなのです。

ツアーの見どころ

  • ファームツアーで 驚きの光景が広がる畑をご案内 玉川村のおとっつぁんに会いに来て!

    小針さんの人情味溢れる語りとその柔らかな笑顔は出会う人の心を癒します。一方で、ファーストトマトにかける熱き情熱と妥協は一切許さないという小針さんのトマト畑では驚きの光景が!極限まで水を与えない栽培とは?玉川村のおとっつぁん小針幸吉さんの爆笑&感動ファームツアーは、絶対見逃せません!

  • 旬の玉川村のお野菜もたっぷり! 幸吉印のトマトで王道イタリアンコース

    玉川村は山も平地もあり、様々な作物が採れる豊かな村。小針さんもトマト以外に、きゅうりやカラー人参、大根などを栽培しています。小針さんのトマトを主役に旬の玉川村の滋味溢れる食材をふんだんに使い、同じく玉川村出身の人気店[肉と野菜の農家イタリアンArigato]の高林シェフが、王道のイタリアンランチコースに仕立てます。

  • 小針さんを囲んで楽しいランチタイム♪ 早苗そよぐ特設ダイニングで

    小針さんの畑の周りは水田が広がる平野部で、田植えを終えたばかりの早苗がそよぐナイスビューな場所。ハウス脇に設置したダイニングからはどこか懐かしいしい玉川村の田園風景が望めます。春から夏にかけて新緑の一番美しい福島を堪能しながらのお食事は格別!小針さんを囲んで、トマトを味わい尽くすお食事。。。これぞ、FoodCampの醍醐味です。

Special  Snapshot

小針さん:(高林シェフを)昔から知っているよ~。小っさい頃の顔おぼえているよ。高林って言ったらこの辺だもんな。伯父さん近くだべ。

高林シェフ:小針さんのファーストトマトは間違いなく美味しいので楽しみにしていてください。まずは、そのままで食べて欲しいですね。その後は・・・考え中です。

玉川村で生まれ育った者同士、その土地の恵みを誰よりも知っている二人が今回タッグを組みます。息のピッタリあった親子のような温かさが、そのままツアーのおいしさになりそうです。

キャスト紹介

玉川村 トマト生産者 小針 幸吉
■一目会ったその日から

 「今どきの甘いだけのトマトでなく、昔の味がした。ファーストは酸味も強い、酸味がきてから後から甘さがジーンとくる。あと見た目もよかった」という小針さん。すっかりファーストトマトの虜になってしまった。
 実はこのファーストトマトは、ある方が教えてくれ、見に行ったのが運の尽き

だった。小針さんが40代の頃だったそう。ファーストトマトを栽培している農家さんを訪ねて行ったが、栽培の様子は見せてくれたものの、作り方は一切教えてくれなかった。農薬とか肥料とか何を入れているは一切わからないままだった。ミニトマトも「1粒食べたらやめられないくらい旨かった」と当時の様子を振り返る。

■うまくいかない

見様見真似で始めたファーストトマトの栽培だったが、雨量も日照量も計測したがうまくいかない。ハウスも作り直し、農業指導者に指導を仰いだこともあった。地区で何名かで始めたファーストトマトだったが、その難しさから最終的には小針さんだけになってしまった。そんな時に両親が病気に伏せ、親戚兄弟からもうファーストトマトをやめたらどうかと猛反対された。しかし、地区の会長だけが「小針さん、とことんやってみっせ」と言ってくれた。

さらに、賭けに出る

成功する見込みは何もなかったが一旦隣部落に畑を借り、信念を曲げず、死に物狂いで畑へ向かう日々が続いた。その努力が実り、小針さんのトマトが評判になる。今度は人手が足りなくなるという課題に直面。しかし、人を雇おうとは思わなかったそう。大変でも自分の目を通したものでないと、出荷できないという小針さん。その気質は、しっかり息子さんにも受け継がれているようで、親子そろって納得がいなかいものは何が何でも出荷しない。「息子は、(トマトが)成っているとくれと言われるから、もう根こそぎ抜いちゃうんですよ。俺より徹底してるかも(笑)」と、数年前に農業を継いだ息子さんの姿に笑みを浮かべる。

今では、レストランや業務用のプロのバイヤーが小針さんの下を訪れ、いつも幸吉印のトマトの奪い合いである。一般消費者の私たちが手にすることは少ない小針さんのファーストトマトを、今回ばかりは、心行くまで堪能する貴重なツアーとなるだろう。

 

小針さんのファーストトマトに関する記事です。こちらも併せて御覧ください。
http://www.homarefoods.jp/local/2009/06/post_5.php

肉と野菜の農家イタリアン Arigato Chef 高林 誠
■最初に就いた仕事は製造業で工場勤務、安定した生活だったが-

 最初から料理人を目指そうとしたわけではなかったという高林シェフ。では、なぜ大人気のイタリアンレストランで腕を揮うことになったのか。そのいきさつを聞いてみた。

 「高校卒業後、地元の工場に就職しました。工場での仕事は、目の前の数字に

対してクリアするかどうかで、なんとなく物足りなさを感じていた」という。そんな時、ふと立ち寄った飲食店で目にしたスタッフ募集の貼り紙。「もともと食べることが好きだったので、人生一度きりと思ってチャレンジした」と高林シェフ。最初はホールから、やがてキッチンを任されるようになったある日、お客様に帰りがけに「美味しかったよ、ごちそうさま」と直接言われたことに自分でも驚くほど感動した。もうこの道しかないと腹が決まり、調理師免許を取得。後にArigatoのオーナー、鈴木社長に出会うことになる。

 ■生産者の想いに触れ、料理人として考えた日々-

新しい店づくり(Arigato)に鈴木社長と一緒にさまざまな生産者に会いに行くと、ある生産者の言葉が引っ掛かった。「野菜そのものの形、野菜の存在をなくすような料理は生産者としては嬉しくない」と。どうしたら生産者の想いを実現できるか、あれこれ考え、肉と野菜の農家イタリアンArigatoが誕生。「料理人として、僕が心に留めていることは”その時に入るもの、今しかない旬のものを仕入れる。自分も無理しないし、生産者にも無理をさせない”ことだ。

そんな高林シェフが今回、是非、FoodCampで一緒にやりたい生産者がいるとご推薦くださった小針さん。小針さんのトマトを普段、お店でも使っている高林シェフだからこそ、特別なメニューを仕立ててくれそうだ。今回の玉川コンビはどんなツアーとなるのか、今から楽しみでならない。

肉と野菜の農家イタリアン Arigato
Address:963-0107 福島県郡山市安積4丁目35
TEL:024-983-9678
http://nouka-italian.com/

ツアーのスケジュール

  1. お迎え・営業所集合

    9:30 a.m

    郡山市内のご自宅(滞在先)または郡山駅に郡山観光交通のタクシー(相乗り)にてお迎えに参ります。
    お迎え時刻は前日までにご連絡致します。
    ※郡山駅にてお迎えの方は、9:20 までに郡山駅到着のダイヤでお越しください。

  2. 出発!

    10:00 a.m

    孫の手トラベル 安積町営業所より観光バスにて現地へ出発します。
    ※営業所までお車で来られる方は9:50までにお越し下さい。(駐車場多少あり)

  3. ファームツアー

    11:10 a.m

    早苗がそよぐ田んぼに囲まれた小針さんのトマトハウス。小針さんが長年の情熱を注ぎ、今なお試行錯誤を繰り返して納得のものでなければ出荷しないというこだわりのファーストトマトについて、小針節全開でお伝えします。

    ※現地集合(こぶしの里)に直接来られる方は、10:30までにお越しください。
    ※畑に向かう途中でバスは一度こぶしの里でトイレ休憩をしますので、現地集合の方はその際にバスにご乗車ください。(概ね10:40頃到着予定)

  4. ランチタイム

    12:00 p.m

    お店でも取り扱いがあるという肉と野菜の農家イタリアンArigatoの高林シェフが、小針さんのファーストトマトを王道のイタリアンコースに仕立てます。玉川村の旬の野菜もふんだんに取り入れ、今日ならではの玉川村尽くしのお料理に舌鼓しましょう。
    ※ドリンクは別料金です。
    ※苦手食材、アレルギーがある方はご予約時にお知らせください。

  5. お買物タイム

    3:00 p.m

    小針さんの畑から車で10分ほどのところにある玉川村 道の駅「こぶしの里」。近隣の農家のみなさんが旬の地場野菜を直売。その種類は直売所の中でも多い方で、漬物やおこわなど地元のお母さんたちの加工品も販売。そのほか、玉川村特産のさるなしのソフトクリームなど軽食も食べられます。

  6. 営業所に到着

    4:00 p.m

    その後、タクシー(相乗り)にて郡山市内のご自宅(滞在先)または郡山駅へお送り致します。
    ※お帰りの際、交通機関をご利用の方は、郡山駅発17:00p.m以降のダイヤをお手配下さい。

ツアーの詳細

開催日
5/16(土)
料金
お一人様 14,800円
※お子様・現地集合も同一料金となります。
当日の服装・持ち物
・屋外での体験やお食事となります。気候によって風雨や肌寒さをしのぐには、風を通しにくいウィンドブレーカーをお持ちになると便利です。

・食事テーブルにはテントをかけますが、畑見学時など日差しが強い場合もありますので、帽子やサングラス、日傘などもご用意ください。

・畑に入りますので、肌を露出するサンダルや半ズボンは避け、汚れてもよい服装でお越しください。靴は汚れないよう靴カバーもご用意しますが、スニーカー等の歩きやすいものをおすすめします。

・収穫体験用の手袋や持ち帰り用の袋はご用意いたします。
参加条件
本ツアーは小学生以上の方で、お一人で行動が出来る方(介添えなどが不要、医師からの許可がある方)であればどなたでも参加が可能です。なお、お子様も同料金となります。
運行会社
郡山観光交通株式会社
添乗員
孫の手トラベル自社スタッフが同行いたします
お支払い方法
参加までの流れをご参照ください
旅行保険の加入
いずれのツアーも万が一に備え、旅行保険に加入していただきます。保険料はツアー代金に含まれております。そのため、生年月日の情報もいただいております。
キャンセル料について
宿泊・チケット付きツアーは20~8日前20%、7~2日前30%、前日40%、当日旅行前50%、旅行開始後無連絡不参加は100%発生いたします。
また日帰りツアーは旅行開始日の前日から起算してさかのぼり、10~8日前20%、7~2日前30%、前日40%、当日旅行前50%、旅行開始後無連絡不参加は100%発生いたします。
雨天時の対応
雨天でも決行いたしますが、やむをえず自然災害等で中止の場合は、前日お電話にてお知らせいたします。その場合、お預かりしているツアー代金は全額ご返金いたします。
最小催行人数
15名 ※お申し込みが最少出発人数に満たずツアー中止となる場合は、4日前までにご連絡いたします。
旅行条件書
旅行条件書のページをご参照ください

参加までの流れ

  1. ツアーのお申込み

    ツアー名・出発日・参加者の氏名・住所・生年月日・電話番号をご用意いただき、お電話・FAXまたはインターネットにてお申込みください。
    お支払いは銀行振込またはご来店での現金支払となります。インターネットでのお申込の場合はカード決済にも対応しております。

    FAX
    024-945-1324

    9:00~18:00 日・祝休

    インターネットからのお申込

    お申込されるツアーページ下部の「このツアーに参加を申込む」ボタンよりお申込ください

  2. 案内書の送付

    お申込みいただいた方には、振込先等について記載した案内書を郵送またはメールいたします。持ち物、注意事項などもご確認ください。

  3. お支払い・予約確定

    ツアー代金のお支払いをもって、予約確定となります。案内書到着から15日以内にご入金ください。

  4. 最終確認

    前日までに添乗員から電話またはメールをいたします。タクシーのお迎え時間などのご連絡をさせていただきます。

  5. 当日

    ご自宅または郡山駅に相乗りタクシーがお迎えに上がります。また、旅のしおりをお渡しいたします。お帰りはもちろん、タクシーでご自宅までお送りいたします。

メール会員登録

先行予約可能なメール会員登録はこちらから!
オリジナリティ溢れるツアー情報や福島ローカルのニッチな情報をお届けします。

登録フォームへ

お問合せ

FAX
024-945-1324

9:00~18:00 日・祝休

お問合せフォーム