南会津の雄大な高原牧場de 本格フレンチコースツアー

11/1(日) 開催

下郷・会津高原で、幸せに暮らす人懐っこい牛たち

那須連峰の麓にある下郷・会津高原。大自然の中、愛情たっぷりに育てられた100頭余りの牛たちのミルクは優しさそのもの。
秋も深まり山々も美しく彩る会津高原で、特別な1日を満喫しましょう。

今回の企画は、クラウドファンディングにて企画参加権をセレクトしていただいた支援者様からのリクエストにより実現!

「畑もいいけど、牧場にいってみたい。畜産系の農家さんに触れ合いたい」そんな声を叶えてくれたのが下郷町で酪農を営む金子牧場さん。
そして、FoodCampに欠かせないお料理を担当するシェフは、あの山野辺シェフ!
おいそれとお頼みできる存在ではないと思っていましたが、金子さんの「山野辺シェフはどう?」の一言に、意を決してアプローチ。
「楽しそうだね」とあっさり笑顔で快諾してくれた山野辺シェフの本格フレンチと・・・スペシャル尽くしのFoodCampです。

本ツアーはGoToトラベルキャンペーン対象です!

日本の国内観光需要喚起を促すため、国土交通省観光庁より発表されました「Go To トラベルキャンペーン」。新型コロナ感染予防対策含め準備が整った旅行業者のツアーに適応されるもので、10月からは東京の方もご利用いただけます。孫の手トラベルのFoodCampも対象となり、お値打ち価格で参加できますので、是非ご活用ください。

開催レポート

最高の「素材×シェフ×思い×天気」があわさった、至福の瞬間

誰も知らない魅力的な場所が、福島にはある。フードカートと行く「Food Camp!ツアー」の2020年11月1日は、奥会津の牧場でのフレンチツアーでした。

ツアー会社のある郡山市からバスで2時間。紅葉真っ盛りの国道をくねくねとずんずん進み、那須連峰のふもと標高700メートルの高原牧場に到着しました。「日本一のそば畑」との声もある下郷町・猿楽(さるがく)台地の牧場。降り注ぐ太陽、青い空と秋の雲。爽やかな風がスパイスとなった最高の舞台が、今回の会場です。

今回なぜ、こんな山奥が会場になったのでしょうか。実は今年初めに行ったクラウドファンディングがきっかけです。「夢のFoodCamp」が、この牧場フレンチツアーでした。

2016年より少しずつ広げてきたFoodCampは、2019年に試練を受けました。福島県を襲った台風19号で、フードカートも冠水。その他什器も大ダメージ。何とか緊急対応したものの修理費用がかさみ、また新たなツアー企画のために、クラウドファンディングをスタート。222人から480万円以上を集めて目標をクリアし、「みんなの夢を叶える☆希望のFoodCamp企画」として、最も「行きたい!」という声が多かったのが、このツアーでした。

金子牧場の金子政彦さんです。戦後に父が開拓した酪農が盛んな土地で、牧場は60年になります。「牛と優しく接する」ことで、牛も安心してお乳を出すことができるとのこと。

地元の道の駅ではジャージー牛のソフトクリームが人気で、チーズなどの乳製品も手がけます。ジャージー牛はホルスタイン牛に比べて乳脂肪分が高く、コクも香りも違います。最近は、子ども向け体験学習や、バター作りなどふれあい体験にも力を入れています。

仔牛、かわいい~~。
ホルスタインとジャージー牛が並ぶ牛舎は、換気されてにおいがしない清潔なものでした。

次は、バター作り体験です。
皆さん、バターはどうやって作るかわかりますか?

ひたすら、振るんです(笑)。

10分間、ひたすら、ペットボトルをシェイクします。
「バターにならないと、食事ができないですよ~」
とプレッシャーが…10分、長い…

搾りたてのミルクが少し黄色くなり、クリーミーな泡になっても降り続けると、脂肪分が固まって個体になってきます。液体を取り除くと手作りバターの出来上がり!!

いよいよ会場へ!
天気もよく、雨除けテントは不要!牧場のど真ん中、絶景もごちそうです。

シェフは、「Chezやまのべ」の山野辺宏さん。以前、人気料理テレビ番組「料理の鉄人」でフレンチのアイアンシェフを破った福島・東北を代表する料理人です。

渡仏での修行、葉山の「ラ・マーレド茶屋」総料理長を経て、下郷町に。自身で野菜栽培や狩猟を行いながら、一軒家レストランを営んでいます。

「金子さんの良質な乳製品と地場食材、何よりも下郷町の自然や雰囲気を楽しんでほしい。『ごちそうのある、楽しいひととき』のお手伝いになれば」とシェフもこの企画を楽しんでおられる様子。

メニューは、ほぼ全て下郷町の素材を使用。そして金子さんの牛乳も、全てのメニューに入っています。下郷町の、最高の素材とシェフのコラボレーション!

最初は、天然マイタケのキッシュ。シェフ自ら採ったマイタケです。

ニジマスのマリネそば粉のブリニ。しんごろうスープ添え。
「しんごろう」は下郷町の郷土料理で、うるち米を団子状にして刺し、「じゅうねん(えごま)味噌」を塗って焼いた料理です。じゅうねんとコンソメ、金子さんの牛乳だけで作ったスープは絶品!

ウスバハギと新米サフランライスのホイル包み焼き。
ここで、自分が作ったバターを入れると、味に厚みが増しました。

奥会津牛のローストポテトクリームグラタン。天然クレソンサラダ仕立て。甘みを感じる良質な脂の奥会津牛とグラタンがマッチ!

デザートは、下郷産リンゴのパート包み焼き。ジャージー牛のアイスクリーム添え。

最高の食材とシェフのコラボによる、地元・下郷産のフルコースを、最高の天候で味わうことができました。テーブルを囲んだ客は初対面の人も多いところ、すぐに打ち解けて会話も弾み、最高の仲間となりました。

金子さんは以前、ドイツ・フランスの牧場を回ったときの光景が印象に残っています。「農家がそれぞれ独自のチーズを作り、個性的な味を競い、市場などで自分たちで売っていて、にぎわっていたんです。そうした農家にホームステイさせて、子どもが馬を洗ったり、馬と親しむ仕組みもありました」。

食事の後のマルシェでは、牧場が作ったヨーグルトとチーズが、飛ぶように売れていきました。金子さんは、加工品づくりや牛や自然との関わりを、福島の他の牧場とも広げられることを夢見ています。

最高の「素材×シェフ×思い×天気」のかけ合わせが実現したツアー。
ワインも堪能してみんなほろ酔いの中、紅葉を散策して、帰路につきました。

ツアーの見どころ

  • 可愛い牛たちとのふれあいと 搾りたてのミルクでワークショップ

    牛舎に金子さんが来ると、なでてもらおうと牛たちが近づいてきます。そんな人懐っこい牛たちに思わずほっこり。そして、牧場ならではのフレッシュな搾りたてのミルクを使ったワークショップもあります。

  • 料理の鉄人で勝利した山野辺chefの  美味し過ぎる本格フレンチコース

    山野辺シェフは人気料理TV番組『料理の鉄人』にてアイアンシェフに勝利した伝説のシェフ!その山野辺シェフが金子牧場さんのミルクや加工品、地場食材を使って特別なフレンチコースを仕立ててくださいます。

  • 穏やかな牧場に誂えた 絶景ファームダイニング

    遠くに臨む那須連峰。鳥のさえずり、輝く太陽、爽やかな秋の風。真っ青な空が遠く遠くどこまでも続きます。時折聞こえる牛たちの鳴き声も優しくて。非日常感たっぷりの絶景ダイニングで皆様をお迎えいたします。

キャスト紹介

金子牧場 牧場長 金子政彦
■俺は何をやっているのだろう
 金子牧場は父親が昭和21年に下郷町に入植し、酪農を始めました。戦後の食糧難の時代に農業をすれば食べ物には困らないという発想だったかもしれません。それは1頭の牛を飼い始めたのが始まりでした。物心ついた頃、私は全く農業をする考えはありませんでした。やがて田舎を離れましたが
写真:金子政彦

都会の暮らしには馴染めず、すぐ戻ってくることに。しかし、特にすることは無く、ふらふらしていました。
ある時、酪農の視察旅行で北海道を訪れました。そこでは若い人が朝も昼もなく一生懸命、牛の世話している姿がありました。
「俺、何やっているんだろう」
そんな気持ちが胸の奥から込み上げてきました。そして、家業を継ぐことを決心しました。

■まさかの反応
早速、父親に伝えるとまさかの反応でした。父は酪農を始めたものの、それはそれは大変だったので、子どもたちに継がせようとは全く思っていなかったのです。私の申し出に少し驚いた様子で、「なんで継ぐの?」と。しかし、私がやると言ったので、そこから徐々に牛の数も増やしてきました。
現在は、ホルスタイン、ジャージー牛、和牛(食肉用)など含めてめて約100頭近くいます。確かに毎日のことなので大変ではありますが、今は息子も手伝ってくれているので、ヨーグルトやチーズなどの加工品にも力を入れています。

■牛との暮らし、大切なこと
とにかく優しく接するようにしています。そうすると牛も安心してお乳を出してくれます。搾乳するまでは、しっかりと丈夫な体を作るために放牧し、お乳が出るようになってからは、つなぎ飼いです。牛はずっと牛舎にいますので、快適に過ごせるよう新鮮な水と美味しい餌が食べられるよう工夫しています。また温度や換気にも注意し、暑くなりすぎないよう空調設備も新牛舎に設置しました。人間もそうですが、快適な暮らしであれば病気に掛りにくく、美味しいミルクを出してくれます。
下郷町は渓谷や平野、険しい山など変化に富む自然があります。
FoodCampをきっかけに下郷町の魅力を知っていただき、楽しんでもらいたいです。

金子牧場 HP
https://www.kaneko-bokujyou.jp/

Chez やまのべ オーナーシェフ 山野辺 宏
■そう思ったら、そうしたらいい
 いわき市四ツ倉出身。「料理に携わっていれば、美味しい物が食べられるだろう」そんな軽い気持ちで料理の道に入りました。あの頃、漠然と洋のモノに憧れがあり、海外にも行ってみたいと思っていました。
 上京し、羽田にある東京エアーターミナルホテルに3年勤務。その後渡仏し、
写真:山野辺 宏

2年間、リヨンのレストランで働きました。「修行した」と言ったらカッコいいけど、僕はただ、やってみたいと思うならやってみたらいい、体験してみたらいいというくらいの気持ちでした。お金をためて、ツテもないけどミシュランガイドを片手に(あまり星も多くないところ)何十件と交渉して、なんとか入り込むことが出来たんです。最初は無給です。でも一生懸命やっていると、そのうち住居や給料を出してくれるようになりましたね。とにかく、現地では、頭ではなく体で感じるのがいいなと思って、何でも体当たりでやってきました。

■何かが違う・・・そして会津の自然に魅了される
帰国後、「銀座レカン」、葉山の「ラ・マレード茶屋」の総料理長を経て、40歳で独立しました。当時、フレンチといえばみんな星付きレストランみたいに振る舞わなくちゃいけない雰囲気があって、なんか違うなと。
ある時、会津の古材を扱っている人に出会いました。この古材を使ったレストランをやりたい、ヨーロッパの田舎にポツンとあるようなレストランが僕のイメージにしっくりきたのです。生まれ育った土地も、長らく仕事をしてきたのも海の近くでしたが、山は山で美しいと感じました。萌黄色の新緑、夏の青葉、紅葉、冬の雪。そのどれもが美しく感動的でした。すっかり会津に魅了された私は、下郷町に店を構えることにしました。

■『ごちそうのある、楽しいひととき』を感じてもらいたい
FoodCampの話をいただいたときは、「楽しそうだな」と思いました。アウトドアでの食イベントも経験ありますが、予定調和でないこともハラハラもしますが、とても楽しくもあり、料理人としても鍛えられます。息子も料理人になり店を手伝ってくれているので、彼にとってもいい経験になるかと。
金子さんの良質な乳製品と地場食材、そして何よりも下郷町の自然や雰囲気を楽しんでください。『ごちそうのある、楽しいひととき』を皆さんが過ごせるよう、そのお手伝いになれば、私も嬉しいです。

Chez やまのべ
Address:福島県南会津郡下郷町大字湯野上字舘本乙1316 TEL:0241-68-3585
営業時間 ランチ 12:00~ / ディナー18:00~(ともに予約制) 定休日:不定休

ツアーのスケジュール

  1. お 迎 え ・ 集 合

    8:30 am頃

    郡山市内のご自宅(滞在先)または郡山駅にタクシーにてお迎えに参ります。お迎え時刻は前日までにご連絡致します。

    ※郡山駅にてお迎えの方は、8:20頃までに郡山駅到着のダイヤでお越しください。
    ※タクシーはグループ会社の「郡山観光交通」のタクシーが参ります。

  2. 出 発

    9:00 am

    孫の手トラベル 安積町営業所より観光バスにて現地へ出発します。季節は紅葉シーズン。道中の紅葉スポットなどに立ち寄り観光・トイレ休憩などがあります。

    ※営業所までお車で来られる方は8:50までにお越し下さい。
    (駐車場多少あり)

  3. 現地到着

    11:00 am

    金子さんのガイドで、牛舎を見学いただけます。かわいい子牛もたくさん!!また搾りたてのミルクを使ったワークショップもございます。

  4. ランチタイム

    12:00 am

    那須連峰を望む広々とした牧草地にダイニングを設置。
    山野辺シェフの美味しすぎる本格フレンチをご堪能いただきます!

    ※雨の場合は場所を変えてのお食事になります。

  5. お買い物タイム

    2:30 pⅿ

    金子牧場さんのヨーグルトやチーズなどの加工品の他、シェフの息子さんが作る焼き菓子などが買えるプチマルシェをファーム内に開設。県内でも販売が限られている金子牧場さんのヨーグルトはマストバイアイテムです。

  6. 紅葉狩り

    3:20 pm

    紅葉スポットとして有名な「観音沼森林公園」に立ち寄り、しばし紅葉を楽しみます。
    丁度この時間の陽光に映える紅葉は、金子さんも超おすすめのマジックアワーだとか。

  7. お帰り

    5:30 pm到着

    孫の手トラベル安積町営業所に到着後、タクシーにて郡山市内のご自宅(滞在先)または郡山駅へお送り致します。
    ※お帰りの際、交通機関をご利用の方は、郡山駅発18:00以降のダイヤをお手配下さい。

ツアーの詳細

開催日
11/1(日)
料金
お一人様(A) 16,800円
旅行代金への支援額(B) 5,800円
地域共通クーポン 3,000円
お支払い実額(A-B) 11,000円
※お子様・現地集合も同一料金となります。
当日の服装・持ち物
・寒さが予想されますので、ダウンジャケットなど温かい服装でお越しください。
・牧草地や牛舎に入りますので、サンダルや半ズボンは避け、汚れてもよい服装でお越しください。(スニーカー等でOKです)
・お食事以外の時間帯では、マスクの着用をお願いします。
・お食事時の飛沫感染防止にマイ扇子のご用意をお願いします。
参加条件
本ツアーは小学生以上の方で、お一人で行動が出来る方(介添えなどが不要、医師からの許可がある方)であればどなたでも参加が可能です。なお、お子様も同料金となります。
運行会社
郡山観光交通株式会社
添乗員
孫の手トラベル自社スタッフが同行いたします
お支払い方法
参加までの流れをご参照ください
旅行保険の加入
いずれのツアーも万が一に備え、旅行保険に加入していただきます。保険料はツアー代金に含まれております。そのため、生年月日の情報もいただいております。
キャンセル料について
宿泊・チケット付きツアーは20~8日前20%、7~2日前30%、前日40%、当日旅行前50%、旅行開始後無連絡不参加は100%発生いたします。
また日帰りツアーは旅行開始日の前日から起算してさかのぼり、10~8日前20%、7~2日前30%、前日40%、当日旅行前50%、旅行開始後無連絡不参加は100%発生いたします。
雨天時の対応
雨天でも決行いたしますが、やむをえず自然災害等で中止の場合は、前日お電話にてお知らせいたします。その場合、お預かりしているツアー代金は全額ご返金いたします。
最小催行人数
15名 ※お申し込みが最少出発人数に満たずツアー中止となる場合は、4日前までにご連絡いたします。
旅行条件書
旅行条件書のページをご参照ください

開催地

【現地集合場所】
金子牧場
福島県 南会津郡下郷町 大字沢田字鶴ヶ池178-1
 
※駐車スペースには限りがございますので、一定数に達しましたら現地集合を締め切らせていただく場合がございます。

参加までの流れ

  1. ツアーのお申込み

    ツアー名・出発日・参加者の氏名・住所・生年月日・電話番号をご用意いただき、お電話・FAXまたはインターネットにてお申込みください。
    お支払いは銀行振込またはご来店での現金支払となります。インターネットでのお申込の場合はカード決済にも対応しております。

    FAX
    024-945-1324

    9:00~18:00 日・祝休

    インターネットからのお申込

    お申込されるツアーページ下部の「このツアーに参加を申込む」ボタンよりお申込ください

  2. 案内書の送付

    お申込みいただいた方には、振込先等について記載した案内書を郵送またはメールいたします。持ち物、注意事項などもご確認ください。

  3. お支払い・予約確定

    ツアー代金のお支払いをもって、予約確定となります。案内書到着から15日以内にご入金ください。

  4. 最終確認

    前日までに添乗員から電話またはメールをいたします。タクシーのお迎え時間などのご連絡をさせていただきます。

  5. 当日

    ご自宅または郡山駅に相乗りタクシーがお迎えに上がります。また、旅のしおりをお渡しいたします。お帰りはもちろん、タクシーでご自宅までお送りいたします。

メール会員登録

先行予約可能なメール会員登録はこちらから!
オリジナリティ溢れるツアー情報や福島ローカルのニッチな情報をお届けします。

登録フォームへ

お問合せ

FAX
024-945-1324

9:00~18:00 日・祝休

お問合せフォーム
写真:Food Campの青空レストラン