読むFoodCamp!~FoodCampが本になりました~

地域の食の立役者といえばこの方、奥田シェフに帯コメントもいただきました!

この度、孫の手トラベルが企画するオリジナルツアー『FoodCamp』をまとめた本を出版いたしました。
FoodCampのこれまでの経緯やこれからについて、お世話になった生産者、シェフについてを文章と写真を交えて紹介しております。
FoodCampファンの皆様はもちろん、食や農業、6次化事業に関心のある方、地方創生を志す方など多くの方に読んでいただければ幸いです。

ココが見どころ、読みどころ!

◎FoodCampの誕生秘話、スタート当時の様子が満載!

今でこそ多くの方にご参加いただけるようになったFoodCampですが、スタート当初は苦難の連続でした。そもそもなぜFoodCampがスタートしたのか、当日を知るあの方にインタビュー。きっかけは、とても些細なことだったのですが、たくさんの協力者の登場や偶然が重なり、やがて必然に・・・。知る人ぞ知る、FoodCampの誕生秘話を大公開しています。

 

 

 

◎生産者とシェフとそしてお客様が紡ぐ感動のFoodCampストーリー♡

一期一会とはよく言ったもので、その時、その場所で、その人たちでこそ繰り広げられるドラマがあります。またツアーではあまり語られなかった生産者の裏側の部分もご紹介。並々ならぬ熱意と地域に対する信頼、そして誇りが今の生産者を支えていることにきっと驚かれることでしょう。良く知っているはずの生産者の隠れたストーリーも必読です。

 

 

 

◎写真がいっぱい!当日の様子を臨場感たっぷりにお伝えします!

これまでのFoodCampのスナップをたっぷり掲載。真剣な眼差しや温もりに満ちた笑顔、美味しい料理の数々、そして季節ごと地域ごとに異なる福島の豊かな自然。お見せしたいショットは尽きませんが、是非リアル参加で体感してください。フォトブック&エッセイを読む感覚でお楽しみいただけます。

 

 

 

 

読者からの感想

◎フォトブック届きました!すばらしい、ぐいぐいと最後まで引き込まれて、読みふけってしまいました。短編映画のガイドのように、どこから読んでもキラキラした場面に浸れる編集力にも恐れ入りました。(郡山市在住/男性)

福島の大地への愛が詰まったあたたかい一冊でした。日本各地がパッチワークのように、このような愛であふれていったらどんなに魅力的になるだろうかと考えてしまいます。どんなに大地が揺らいでも清らかな水と大地の実りある場所には命はめぐると信じています。また福島へお邪魔させてください。(千葉県在住/女性)

◎私にとって福島はとても思い出のある土地なので、その福島とつながりが持てたことがとても嬉しく思っております。おざわ農園さんの章を読み、完熟苺のあの奇跡的な甘さの裏にあるストーリーを知れて、ますますいつかおざわ農園さんのフードキャンプに参加したくなりました。(北海道在住/ご夫婦)

本の購入方法

今後は福島県内の書店での販売も予定しておりますが、まずはホームページにて販売いたします!

1冊(税込・送料込) 1,950円

下記ボタンよりご購入ください。
※リンク先のPaypalにて配送先をご指定ください。




著者紹介

「これまでの歩みをまとめたいと思っていました」

郡山観光交通株式会社/株式会社 孫の手
代表取締役 山口 松之進

私が父の会社(郡山観光交通株式会社)に入社したのが1998年。27歳の時でした。経営状況は芳しくなく、実態は火の車でした。必死で不振事業を整理したり、コストの見直しを図るなどして会社を正常な状態に戻すために18年かかりました。やっと先を見通すことができる状態になった頃、フードカートを手にすることになりました。そして、無謀にも食に関する事業をスタートし、こうして今のような形になってこれたのは、局面、局面で私を支えてくださった地域のキーパーソンのおかげです。

また、観光農園でもない畑を快く開放してくれた生産者の方々、自分の休みを削ってでも参加してくれたシェフの方々、そして何よりたくさんの不自由がありながらもそれを楽しんでくださった参加者の皆様、最後に私の無理難題を実現してくれたスタッフ。FoodCampは私一人では絶対に実現しなかったツアーであり、誰一人欠けても実現しえなかった奇跡のツアーだと思っています。これからもそうであると確信しています。

 

 

 

東日本大震災の後、福島は地震や津波だけでなく原発事故という未曽有の大惨事に見舞われ、様々な偏見や意見も寄せられましたが、この地域を愛し、信じ、誇りを失わなかった人たちがいることを少しでも知って欲しいと思っていました。私一人は無力でも、こうして地域の皆さんと協力し合うことで新たな力が生まれることを実感しました。FoodCampを軸とした地域連携の取組みは「第7回(2019年) グッドライフアワード環境大臣賞優秀賞」をいただき、地域内外共に福島の力、地域の可能性が認められる契機となりました。

再び、昨年からのコロナ禍の中で旅行業や飲食業は大きな打撃を受けていますが、これに屈することなく前進あるのみです。これまでの様々な試練を乗り越えてきた智恵や力があると信じています。この本では、FoodCampの成り立ちを赤裸々に記すと共に、これからの地方が自立していくヒントなど、自分なりにFoodCamp事業から感じたことをまとめました。是非、FoodCampへご参加いただいたことがある方もまだの方も手に取っていただければ幸いです。

最後に、本の制作にあたりご協力いただきました皆様に厚く御礼申し上げます。

 

 

 

 

 

 

運営している私たちが面白くてしょうがいないのです!

郡山観光交通株式会社 食事業担当
寺井 昌美/佐藤 聡

寺井:私が入社したのは2017年。もともと実家が飲食業を営んでいたことから経験があったとはいえ、屋外でのFoodCampは未知の連続でした。生産者やシェフとの調整や広報に集客、当日の設営~サービスと力仕事も多くかなりキツイ仕事かもしれません。

それでも 参加者の皆様の笑顔や温かいお言葉に、その辛さは吹っ飛んでしまい、次はもっとこうしたい、もっと喜んでもらうためには・・・と眠い目をこすりながらも考える日々です。さらに畑をお借りした生産者さんが「今日はこちらも楽しかった。ありがとう!」とお礼を言ってくださるのです。大事な畑を汚さなかったか、農作業のお邪魔にならなかったか、いつもハラハラしていますが、それ以上に生産者の方々が喜んでくださる姿に、こちらも胸が熱くなります。福島県内には、まだまだ訪れたい地域やご紹介したい生産者さんはたくさんあります。本当に皆さん魅力的なんです!その恩恵を一番にいただいているのは紛れもなく運営する私たちではないかと思います。福島の美味しい食と魅力的な人々、そいてワクワク、ドキドキの体験をこれからもお届けしますので、是非とも足を運んでいただければ幸いです。

本にはFoodCampのエッセンスをぎゅーっと詰め込みました。チームメンバーで年末年始休暇返上で原稿チェックしたのも今は少し懐かしく感じます。どうぞ、一人でも多く方のお手元に届き、このワクワクドキドキを感じてもらえたら嬉しいです。

 

 

 

佐藤:入社直後からFoodCampのサービスを行い、企画はもちろんのこと受付対応や保健所への申請業務、FoodCamp当日は2tトラックのフードカート運転など、業務は多岐に渡ります。華やかに見えるツアーの裏では地道な仕事が多いですが、寺井同様、お客様や生産者、そしてシェフの顔を見ると何とも言えない充実感があります。福島って凄いな、楽しいな、美味しいなを毎回実感しています。

入社前 の会社のことも、この本の制作を通してより詳しく知ることができましたし、何より、読みながら自分自身がその時のツアーにタイムスリップする感覚があります。「ああそうだった、そうだった。あの時は寒くて、何度も湯たんぽのお湯を取り換えたな」とか、「暑くてフォークが持てなくてご迷惑かけたな」とか、「シェフのおこぼれをいただいておいしかったな」とか。これからも現状に甘んじることなく様々なチャレンジをしていきたいと思います。私は数年前に福島にUターンしてきましたが、この本を通して県内外の友人・知人に福島のリアルをもっと知ってもらいたいなと思っています。

 

 

 

 

 

 

本の購入方法

今後は福島県内の書店での販売も予定しておりますが、まずはホームページにて販売いたします!

1冊(税込・送料込) 1,950円

下記ボタンよりご購入ください。
※リンク先のPaypalにて配送先をご指定ください。




List

お問合せ

FAX
024-945-1324

9:00~18:00 日・祝休

お問合せフォーム